おはようございます。愛原実鳥です。


先日UPしました、「鞭だけでは限界がある」で、

少々語り足りないところ(笑)がありましたから、おまけです♪

「おまけ」と言うには、少々、奥義に迫っておりますけれど(笑)



武豊騎手は、チャーミングで、もちろん優秀で、
彼の登場が競馬界のイメージを一新しました。

それまでは、ちょっとガラの悪いオジサマ達が、

罵声浴びせながらするイメージがあったのね。

(ぁ、偏見ですか?もしかして!?)


ある意味、競馬界の救世主でもあると思います。

そのイメージのままだったら、現代にマッチせず、

競馬界は、今よりも衰退をしてますよね。きっと。


当時の競馬界も当然、彼の存在をプッシュしたと思います。

けれど、それだけで人気が出る程、世論は甘くないのです。


それまで競馬界に目を向けなかったような女性誌なども、

彼の事を取り上げたりしていましたからね。



彼のデビュー当時、
女性ファンいっぱいでしたねえ。
キャーキャー言っていましたね。
お顔も、なかなかに可愛らしい。


「顔もいいし、優秀だったら、そりゃあモテるよねえ。」
と、言ってしまうのは簡単。


けれどね、私、思うんです。


競馬の騎手って、基本的に、
痩せた小柄な方が多いです。
馬に負担をかけない体型なわけですね。


けれど、背の高い男性は、

やはり、それ相応に、「モテる」じゃないですか。
武豊さんが出てきた当時は、今よりも、そういう傾向強かったかな?
決して、「最強モテルックス」なんかじゃないんです。


つまり、
彼のあのお顔、肉体的ルックスで、


もしも、
精神的に「しょぼくれて」いたら、


正直言って、
魅力なんてなんにもありません。

(すみません。大好きなんですよ!武豊騎手!!)


例えば、背中丸めて、どこかいじけた顔で、歩いていたら、
たぶんねえ…「すっごいショボい男」にだって「なれる」んですよ。
ルックス的にも、いくらでも。


…ちょっと想像してみましょうか。

(変な想像させて、ごめんなさい!武豊騎手!!)



彼が世に出て、「!?」と人目を惹くところがあったのは、

私は、ずばり、「精神性から来るオーラ」だったと思っています。


ほんとうに、キラキラとしていました。


彼が何者であるかを知らない人でも、

「惹きつけられるサムシング」を持っていたのです。


「モテ」の最終奥義は、そこだと私、思っております。
そして、「優秀さ」の奥義も、そこです。
エナジーがスムーズに循環している方は、すべからく、
「その方の才能」を、発揮しています。


img_d1c1050e0320e1bfd371974c5b13a48818795


(写真出展:Number WEB) 

デビューして間もない頃の、武豊騎手。

20歳なんですって、可愛らしいですね。

Number表紙に初登場だそうです。


今の武豊騎手は、若い頃の顔や体よりも、

40代の今の顔や体の方が好きなんですって。

やっぱり素敵な方ですね…


このNumber特集(写真クリックで開きます)にも出てきますが、

彼の発言は、意識が高く、予測は的を得ています。

「オーラが輝いている方」の、ひとつの特徴でもありますね。



けれど、オーラは、うっかりすると、結構さーっと濁ります。

「オーラが濁る」原因は、人により状況により、様々ですが、

「スランプ」というのは、そうした時に訪れるのかもしれませんね?


ただがむしゃらに努力するだけよりも、

そうした側面から見ていくと、

案外と、「スランプから抜ける」ヒントが隠されています。




私からのお勧めとしては、まず、メンタルケアで「ヒント」を探しながらオーラを磨き、「ドツボ」から抜ける事。


そして、ボディケアでも、細胞からオーラを磨くと、より効果的ですね。徹底してやりたい方にはお勧めです。


もちろん、スランプから抜ける時だけではありませんね。

「よりよい自分」つまり「より自分らしい自分」の為にも、上記二つはお勧めです。


人は、「自分らしさ」を発揮している時が、最も高いパフォーマンスを得られるのです。

十数年間、様々な方の、「才能発揮」を、メンタル面から見守らせて頂いて、実感した、


「結論」です。



…では、「自分らしさ」って、一体、なんなのでしょうね?

わかるようでわからない、その、曖昧模糊とした言葉、

そのうち、ブログに書きたいと思います。



デビュー当時のお写真を探していたら、こんな、オフィシャルサイトを発見。

私、競馬はしないのですが、造形的に、馬「も」(笑)大変好きなので、

武豊さんのブログと併せて、日々の潤いが増えてしまいました♪


TAKE A CHANCE ! YUTAKA TAKE

http://www.yutaka-take.com/